牛タンコロッケ

牛タンといえば仙台市ですよね。牛タンの生みの親というのが現在も仙台市に店を構え、連日多くのお客さんが訪れる「旨味太助」の初代店主である佐野啓四郎氏です。なぜ牛タンが仙台で広まっていったのかは諸説あります。

食品安全委員会:「食の安全ダイヤル」に寄せられた質問等について:BSE関係 | 食品安全委員会 - 食の安全、を科学する

終戦直後、佐野氏が焼き鳥屋を営業していたところ、友人の店で食べたタンシチューの美味しさに目覚め、何とか牛タンを自分の店で出したいと試行錯誤を始め、牛タン自体がなかなか手に入らない中研究を重ね、切り身にして塩を振り、熟成させてから焼くという調理法を編み出した、というのが一つです。



他には仙台市に駐留していたアメリカ兵が食べ残した牛肉の余りであった牛タンを佐野氏が焼いて客に出し始めたという説もかなり有名な説です。いずれにしても、牛タンの発祥が仙台市であり、牛タン焼きを生み出したのが佐野氏であることは間違いなさそうです。

食事療法について|治療・療法について|国立循環器病情報サービス

しかしながら、仙台市民はそれほど牛タンを食べていたわけではないそうです。仙台への転勤族や単身赴任者らに人気が広まり、彼らの口コミによって全国に広まっていったのだというのです。1991年の牛肉輸入自由化に伴い、牛タンが安く仕入れられるようになり、牛タン専門店の新規参入者が増えたこともあり、現在の仙台市=牛タンの街の図式が出来上がっていったようです。

牛タンと言えば、牛たん焼きや焼肉、牛タンシチューを思い浮かべる方も多いと思いますが、最近では色々な料理に牛タンが使われています。そこでお薦めなのが「牛タンコロッケ」です。シチューとして煮込まれた大きなタンが真ん中に入ったコロッケ(とても柔らかく、とろけるような食感です)、牛肉コロッケのように牛タンのミンチがたくさん入っているコロッケ(美味しい脂身が食欲をそそります)もあります。

牛たん焼きを細かく刻んだものがジャガイモに混ぜてあるコロッケ(牛タンの香ばしさがたまりません)もあります。牛たん焼きはちょっと贅沢でも、コロッケならば一つ100円~200円くらいですので、とてもお手頃です。お肉屋さんで購入できたり、居酒屋さんで提供していることもあります。もちろんお取り寄せで購入することもできます。コロッケは老若男女みな大好きです。是非ご家族で牛タンコロッケをお楽しみください。